神戸ルミナリエは雨の日でも開催!注意点と周辺施設情報

2019年もルミナリエが開催されることになりました。

今回で25回目を迎えます。

今年は12/6(金曜日)〜12/15(日曜日)の予定で開催されます!

ルミナリエに行く予定の方、雨の予報で予定を変更するか悩んでいる皆さん。

イルミネーションはきれいですが、屋外なので雨の予報だとがっかりしますよね。

ここでは、雨の日の開催情報や、注意しておくこと、雨でも楽しめる周辺スポットについて紹介していきますね。

神戸ルミナリエは雨の日でも開催されます

基本的に、神戸ルミナリエは雨でも開催されます。

ただし、以下の場合は中止になることもあります。

中止になる場合

台風接近や、風が強い日となると開催されないことがあるかもしれません。

4年前にも一度、台風でルミナリエの骨組みが倒壊するということがあったので、安全面を考えると台風が接近しているときは避けた方がいいですね。

神戸の天気情報や会場の情報を知るには、ルミナリエの公式ツイッターをみるといいですよ。

公式ツイッターはこちら

雨の日の楽しみ方

雨の日はイルミネーションが綺麗に見えないと思っている方もいると思いますが、そんなことはありません。

雨の日ならではの楽しみ方もあります。

雨の日のイルミネーションの楽しみ方

雨の日のイルミネーションは、実はとても綺麗です。雨粒に光が反射して、晴れの日よりキラキラして見えますよ。

また、水たまりにも光が反射して、より明るく見えてとてもきれいです。

人が多い時間は水たまりの反射は観られないので、消灯間際などに訪れるといいですね。

ルミナリエでは、東遊園地は芝生や砂地ですが、光のトンネルは地面はコンクリートなので反射して見えます。

晴れの日とはまた違った味わいがありますね!

どうしても雨に濡れたくないという場合のオススメスポット

少し見え方は遠くなるんですが、神戸市役所24階展望ロビーがオススメです。

こちらは無料開放されており、見る方角によって海と山両方を見ることができ、神戸らしい風景が一望できる場所です。

ハーバーランドの夜景も一緒に見ることができます。

ルミナリエ開催期間は、晴れの日も人気ですが、特に雨の日となるとかなり混むので、ロビーに行くまでに待ち時間があります。

点灯の瞬間をみるのであれば、早めに並び、ロビーに上がっておきましょう。

市役所展望台24階ロビー

<住所>   神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館

<TEL>    078-331-8181

<営業時間> 平日    8:15~22:00
土・日・祝 10:00~22:00

<定休日>  12月29日~1月3日休、設備点検日年1日あり

神戸市役所展望台についての情報はこちら

雨の日もルミナリエ屋台は開催しています

雨の日もルミナリエが開催していれば、屋台はやっていますよ。

雨を避ける場所はないため、その場で食べるのはなかなか難しいですが、購入できます。

雨の日の注意点

雨の日の服装や持ち物ってどうしたらいいか悩みますよね。

写真を撮ったりするので、できるだけ荷物は少なく行きたいところですね。

ここでは、雨の日のルミナリエに行く際の服装や持ち物の注意点について説明しますね。

服装は防寒対策と、濡れてもよい素材を選びましょう

神戸は海が近いので、風が強い場合があり、けっこう冷え込みます。

点灯式を待つ間もそうですが、ルミナリエの光のトンネルに行き着くまでに並んでいる間も、とても寒いです。

アウター

屋外なので、ダウンやロングコートがおすすめです。

ダウンであっても、できるだけ長めのものを選びましょう。

トップス

厚手のニットや毛100%などの暖かいものを選びましょう。

インナーには、ヒートテックを必ず着ておきましょう。

ボトム

ボトムはパンツスタイルの方が暖かいです。

足元はけっこう濡れますし、中に薄手のタイツを履いておくといいですね。

でも、せっかくイルミネーションを観に行くので、デートなら防寒対策ばかりではなく、おしゃれもしたいですよね。

スカートを履く場合は、厚手のタイツ80デニール以上が望ましいと思います。

私はいつもより厚い120デニールか180デニールのタイツにしています。

足元に関しては、ハイヒールやピンヒールは避けた方が良いです。

光のトンネルは地面がコンクリートですが、東公園遊園地は砂地と芝生であるため、スニーカーかブーツの方が安全です。

雨なので、合皮素材のものか、洗える素材のスニーカーにしましょう。

持ち物は防寒対策と雨対策グッズを持ちましょう

雨、もしくは雨の予報のときに持っておくとよいものについては以下になります。

  • 手袋
  • カイロ(貼るタイプ、貼らないタイプ両方)
  • 傘、レインコート

手袋は晴れの日でも必須アイテムですが、特に雨の日は傘をさしたりするために、ポケットに手をいれておくことが難しいので、雨の日は特に大切ですね。

カイロについては、足元が冷えるので靴下用、タイツ用の貼るタイプのものが取り外しもすぐにできて便利です。貼らないタイプも、コートや、パンツのポケットに入れておくだけで、けっこう暖かくなります。

傘は必須ですが、雨が少し強い場合は、レインコートがあるといいですね。

イルミネーションに到着する前の並んでいる間に、すでに濡れてしまうとテンションが下がりますよね。

レインコートはダサいと思うかもしれませんが、最近はオシャレなものも出てきています。私もモッズコートタイプのものを使っています。
風を通しにくいので、防寒にもなって便利ですよ。

雨の日でも楽しめるルミナリエ周辺スポット

ルミナリエを見た後に、食事をしたいという方も多いと思います。

東遊園地には露店がたくさんあるため、そこで食べ物を買ってホテルで食べるのもいいと思います。

でもせっかくなので、外食したいという方も多いと思います。

お目当てのお店がある方はいいですが、そうでない場合は雨の中探すのは大変だと思います。

そんなときは、三宮センター街や、少し歩きますが元町商店街がオススメです!

どちらもアーケードがあるので、雨でも傘をささずに歩くことができます。

食事もショッピングもお店がたくさんあるので楽しめます。

三宮センター街

高くて広いアーケードが特徴的な開放感あふれる通りに、ファッション、書籍、家電、雑貨、グルメなどのショップが多くあります。様々なジャンルのお買い物が楽しめます。

見るだけでも楽しいです。

周辺商店街・商業施設が共同で運営するインフォメーションギャラリー<三宮HATENA>では、三宮の商店街や店舗の情報以外にも、神戸の観光マップや観光施設のパンフレットも配布していますので、利用してみるといいですよ。

営業時間

10:30~19:30(インフォメーションの営業時間)

定休日

1月1日

アクセス

各線 三宮駅から南側へ徒歩2分

神戸元町商店街


神戸元町商店街は、旧居留地大丸神戸店の前(メリケンロードのスクランブル交差点)から西へ約1.2km続くアーケード商店街です。

1年を通じて季節毎に各種イベントが開催されており、イベント時は多くの人が集まります。

営業時間

店舗により異なります。

定休日

店舗により休業日・営業時間は異なりますが、毎週水曜もしくは毎月第3水曜が定休日の店舗が比較的多いです。

アクセス

JR、阪神電鉄 元町駅から徒歩3分 地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前から徒歩1分

さんちか

さんちか(三宮地下)という、JRや地下鉄、阪急電車、阪神電車の改札まで濡れずにいける地下のルートがあります。こちらもショッピングや食事を楽しめるお店がたくさんありますよ。

国際会館SOLやそごうにも地下でつながっています。

営業時間

10:00〜20:00 飲食店は21:00がラストオーダーです。(一部時間が異なる店舗があります。)

定休日

毎月第3水曜日

アクセス

JR三ノ宮駅(西口・中央口)より徒歩1分

阪神電鉄「神戸三宮駅」西口より直結

阪急電鉄「神戸三宮駅」東口より徒歩1分

神戸市営地下鉄西神山手線「三宮駅」より東出口4方面へ徒歩2分

神戸市営地下鉄海岸線「三宮・花時計前駅」より徒歩1分

ポートライナー「三宮駅」より徒歩2分

お土産を買いたいという方は、JR中央口のアントレマルシェ三ノ宮店に行けばたくさんの神戸みやげを取り扱っていますよ。さんちかを通ると、雨でも濡れずに行けます。

アントレマルシェ三ノ宮店

神戸のお土産を取り扱っているコンビニです。

営業時間

6:30〜23:00

定休日

ありません。

年中無休です。

まとめ

雨でもルミナリエは人気で、晴れの日と同じくらいの来場数です。

日にちを変えて来場できる方はいいですが、そうでない方はせっかくの機会なので、雨の日でも十分楽しめますので、訪れてみてはどうでしょうか。

ルミナリエ周辺の宿の情報はこちらに載っています。

ルミナリエの屋台はおすすめ!知っておきたい屋台情報と会場情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です