マスク売り切れ!どこで買える?その他の感染予防グッズオススメ!

インフルエンザ、新型肺炎など様々な感染症が流行っていますね。

転売目的などの買い占めにより、全国で品薄の状態になっている上に、マスクが売り切れているというニュースが流れたことで、さらに品薄の状態になっています。

仕事で必要なアイテムなので購入したい、感染予防にマスクをしたい方など様々な方がおられると思います。

この記事では、マスクが買えそうな場所や、買えなかった場合にできるそれ以外の予防策について紹介していきたいと思います。

マスクはどこで買える?

マスクは、普通はスーパーやドラッグストアで購入しますよね。

それ以外の場所では以下のような場所になります。

  • ホームセンター
  • コンビニ
  • 100円均一ショップ
  • 家電量販店
  • コストコ

大容量のマスクは、ほとんどどこも品切れになっているようです。

コンビニやロフトでは、まだ残っていることがまれにあるようです。

私も、神戸ロフトで5枚入りのマスクがまだ少し売られているのを見かけました!

オンラインショップでは、売り切れになっていても、店頭にはまだ少し残っていることがあるので、ロフト店舗を覗いてみられてはどうでしょうか。

他に、ドラッグストアでも濡れマスクならまだ置いている店舗があります。

サンドラッグやコスモスなどのドラッグストアはすべて売り切れでしたが、2/7の時点でも、ダイコクドラッグに行ってみたら濡れマスクはありましたよ!

ダイコクドラッグは様々なツイートを見ても、いろんな地域でマスクの在庫が比較的あるようです。

コストコにもマスクの在庫があるようです。

実際に2/7に私の家族がコストコに行きました!この日は一種類だけでしたが、こちらのマスクを購入できたそうです。

毎日販売されるとは限らないのですが、開店時間前には並んでいないとすぐに売り切れてしまうようです。

こちらは、会員以外は購入できないのですが、70枚×2パック(140枚入り)と大容量なので、家族や友人と分けて使うことができますよ。

マスクがなかったダイソーでも再販されているようですね!

最新情報です!

マスクを買いたいなら、やはり開店と同時に行かないとすぐに完売になってしまうようです。

その日の入荷情報は開店しないとわからないですが、並んでみる価値はあるようです。
欲しい方ぜひ行ってみてください!

ウエルシアもやっと入荷が少しあるようになったみたいですね。

マスクが買えない場合、他の感染予防はどんなものがある?

マスクが手に入っても、同じマスクを長時間つけていたり、外出から戻ってそのままつけていたりすると、かえって菌の温床になってしまうので注意が必要です。

マスクが数少ないという場合や、マスクがどうしても手に入らなかった場合のために、マスクをつける以外の感染予防方法について紹介していきますね!

一般的に言われている感染症予防の方法は以下になります。

  • 手洗いをこまめにする
  • うがいをする
  • アルコール消毒をする
  • 除菌スプレーを使用する
  • 顔に使えるウイルスブロックのスプレーを使用する
  • 人混みを避ける
  • 免疫力をつける

手洗いをこまめにする

いくらマスクをしていても手洗いをきちんとしていなければ、菌に接触してしまいますよね。

外出先や、帰宅時、食事前などの石鹸を使っての手洗いをこまめに行うことが大切です。

こちらは、昔からありますが、幅広いバイ菌を除菌・消毒してくれます。

肌を乾燥から守る保湿成分を配合した手を清潔にする薬用のハンドソープです。

楽天サイトはこちら

うがいをする

うがいは、手洗いと同様に感染予防に役立つと言われていますよね。

水うがいでもいいですが、殺菌作用のあるうがい薬を使用されてみてはどうでしょうか?

こちらは、刺激が少なく、さわやかなマイルドミント味ですので、小さい子供さんも使用できます。

また、粘膜への刺激が少ないにもかかわらずしっかり殺菌、消毒できます。

楽天サイトはこちら

アルコール消毒をする

手洗いも大切ですが、最近は“石鹸と流水による手洗い”より、“アルコールによる手指消毒”の除菌効果が5〜50倍高いと言われています。

目に見える汚れがなければ、アルコール消毒が効果的です。

こちらの商品は、手荒れ防止剤を配合しているため、刺激が少なく、べたつき感の少ない消毒剤です。

速乾性があり、拭き取りの必要がありません。

携帯用なので、どこでもすぐに使えるのでオススメです。

楽天サイトはこちら

除菌スプレーを使用する

こちらは強力除菌効果に加えて、消臭効果も高いです。

香りでごまかすのではなく、ニオイの成分を分解して消臭してくれます。

また、こちらをおすすめしたポイントとしては、ペットの目や口に入っても安全な成分でできています!

もちろん人間にも安全な成分ですので、どなたでも使用することができますよ。

今なら初回お試しセットもあり、お得に購入することができますよ。

カンファペットについてはこちら

顔に使えるウイルスブロックのスプレーを使用する

最近は、顔に直接スプレーし、ウイルスブロックをするという感染予防のアイテムがあります。

2年ほど前は種類も少なかったですが、今ではかなり種類が増えています。

女性にも使いやすい、メイクの上からでも使用できる商品が増えています。

こちらは、エアミスト状になっていて、顔だけでなく、髪に使用できます。

イオンの力でウイルス、ウイルスや花粉を吸着・反発して鼻や口、目からの侵入を防ぐというものです。

アルコールフリーなので、アルコールに敏感な方や、妊婦さんや子供にも使用できます。

ヒアルロン酸Naが入っていて、肌に優しいスプレーになっています。

楽天サイトはこちら

人混みを避ける

当たり前のことではありますが、人混みの多いところには行かないようにすることが大切です。人が多いところに行くとインフルエンザや肺炎などの感染症にかかっている人や、体調不良の人と接する確率が上がりますよね。

感染症が流行している時期にはできる限り、人が多いところを避けた方がいいですよ。

例えば、道を歩く時も混雑している道は避け、一本外の道を歩くなどの工夫が大切です!冬場は特に寒いと、人通りの多い商店街など歩きがちですが、私は一本外の道を選んで歩くようにしています。

免疫力をつける

免疫力をつけるということについては、昔から一般的に以下のようなことと言われていますね。

  • 睡眠、休息をとる
  • 栄養をとる
  • 体を冷やさない

当たり前のことではありますが、体力が落ちていると、風邪などを引きやすいですよね。

ここまででご紹介した予防方法は、どれか一つのもので予防できるのではなく、体調管理と合わせて行うことが大切ですね。

まとめ

マスクを購入するために少しでも参考になればと思います。

その他の感染予防方法についても売り切れの商品が増えてきていますので、必要な方は備えてくださいね。
大阪でマスクはどこで買える?薬局、コンビニ入荷情報!コストコオンラインのマスクは購入制限あり!入荷情報R1ヨーグルトはどこで買える?販売価格と購入方法。マスクが臭い!原因は?匂いの原因別の対策方法はこれ!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です